Argus Oil Forum 
IMO硫黄規制がジェット燃料市場にもたらす影響 
 2018年11月8日(木)10:00~12:00(受付開始9:45)@京橋
■資料公開と無料トライアル■
 
石油製品全般および原油担当者向け無料フォーラム

2020年から施行されるIMO硫黄規制は、船舶業界のみならず、石油製品市場に多大なる影響を及ぼすものとして石油業界全体の関心事になっています。同規制により、低硫黄軽油に対する船舶燃料としての需要が急増し、その結果として中間留分全体の需給がひっ迫すると予想されています。需給の引き締まりは精製マージンの好転を意味するため、精製各社は軽油の得率を高めるべく製油所を運転するようになり、そうなればジェット燃料および灯油の得率は圧縮されることになります。一方で、中間留分の精製マージンの好転予想は製油所の新設を後押しするとも予想されており、追加される精製能力によっては懸念されるほどにはジェット燃料および灯油の需給はひっ迫しないとの指摘も聞かれます。
アーガスではIMO硫黄規制によって既に変化が始まる各市場において新たな価格指標の提供を開始するほか、同規制がもたらす影響についての考察を各地各市場の関係各社と共有する取り組みをしています。その一環といて、日本支局ではジェット燃料戦略担当アナリストの来日に合わせまして、同規制が国際ジェット燃料市場にもたらす影響を考えるフォーラムを開催いたします。ジェット燃料担当者様はもちろんのこと、中間留分あるいはその他石油製品全般のご担当者様、さらには原油取引担当者様に有用な示唆をもたらすフォーラムとなります。参加費は無償です。是非ご参ください。

|当日の資料をダウンロ―ドいただけます|
Louise Burke講演分

三田 真己講演分

|特別トライアルのご案内|
関連データ情報サービスを2018年12月末までトライアルアクセスいただけます。下記よりお申込みください。

お申込みはこちらから


|講師|

Louise Burke ジェット燃料戦略担当アナリスト

三田 真己 日本代表(シニア・コンサルタント)


|日時|

2018年11月8日(木)10:00~12:00

※9:45開場


|場所|

トラストシティカンファレンス

コートヤード・バイ・マリオット京橋4階


 

|お問合せ|Argus Media Limtied 日本支局 03-3561-1805 japansales@argusmedia.com
担当:齋藤